2020年03月29日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【天皇御製に学ぶ】 第四十回 四宮正貴(四宮政治文化研究所所長)

後水尾天皇御製

「やすかれと 萬の民を おもふまで 代々の日嗣を いのるほかかは」

「にごりなき こゝろの道を たてそめし 五十鈴の川の 宮柱かも」

「やすかれと」の御製は、第百四代・後水尾天皇が、寛永十九年(一六四二)御年四十七歳の時に、「爲君祈」と題されて詠ませられた御製である。

「にごりなき」の御製は、寛永十六年(一六三九) 御年四十四歳の時に、「伊勢」と題されて詠ませられた御製である。

「代々の日嗣」とは、「天津日嗣」のことである。「天津日嗣」とは、「天照大御神の靈統を継承する御方」といふ意である。天皇の神聖性はここより発する。「日」は「天照大御神の神靈」の御事である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。