2020年03月29日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【映画「馬三家からの手紙」 一枚のメッセージが世界を動かす】 三浦小太郎(評論家)

 このお3月21日より、新宿K,Sシネマにて、ドキュメンタリー映画「馬三家からの手紙」が公開される。本作は以前一度NHKの番組でも紹介されたが、その時は45分の短縮ヴァージョンであり、今回は完全版での公開となる。ぜひ多くの方に御覧になっていただきたいので、ここに紹介させていただきたい。

 本作品の主人公は、1966年に生まれた中国人、孫毅氏である。孫氏は技術者、設計者として中国の大手企業グループで働く、いわゆるエリートの一人であったが、1997年、法輪功を学び始めた。この2年後には、江沢民体制下で徹底した迫害が法輪功を襲うようになる。孫氏も監視対象となり、労働収容所「馬三家」に収容されてしまう。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。