2020年04月01日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【とおる雑言】 香港危機管理センターの目的は?  寺井 融(アジア母子福祉協会監事)

 中国の出先機関、中央政府駐香港連絡弁公室の王志民主任が解任された。後任は青海省や山西省の党書記を務めた●恵寧・全国人民代表大会財政経済委員会副主任。王氏より、格上の登用である。

 これで、早期に収束するか。はなはだ疑問だ。香港の人々の怒りは、もはや容疑者の本土移送といった次元に止まらない。「一国二制度」そのものに批判的。果たして「香港は中国なのか」を問う声が高まっている。

 お隣の韓国では、大学生が「香港の自由を守ろう」と支援に立ち上がり、それに中国本土からの留学生が反撥して、キャンパスが騒然となったという。左派政権下の韓国では、「明日は我が身」という危機感が強いのであろう。日本の大学構内でも、香港支援の声を上がっているか? 日本の学生はどこの国の政治にも無関心で、大学当局は「中国を刺激したら留学生が来なくなる」とダンマリ決め込んでいるように見えるが……。

 香港において、中国語(北京語)で取材していたジャーナリストが、デモ参加者らに殴られた話も聞いた。香港は、広東語の世界である。「北京語と広東語では、江戸弁と関西弁の違いどころではない。文字は同じ漢字を使うけれど、ドイツ語とフランス語以上に違う」とも言われている。

 広東省は、革命の気風があふれる土地柄だ。深圳に、香港危機管理センターが置かれた、とも報じられている。中国政府は、周辺への波及を警戒しているのだ。香港だけではなく、深圳や広州対策なのかもしれない。

 

  • 印=「馬」偏に「各」の字。読みは「ラク」