2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【東アジアにおける全体主義に対抗する自由民主主義諸国民の連帯を 】 三浦小太郎 (評論家)

       A Call for Solidarity among Citizens of Nations Embracing Liberal Democracy against Totalitarianism in East Asia         Kotaro Miura    
(この原稿は、この11月7日から9日にわたってソウルで開催された、アジアの全体主義化に抗する連帯セミナーにて発表したものである。このセミナーは韓国において、中国共産党の全体主義とそれに追従する文在寅政権に対峙する韓国市民団体により開催された。)         

 全体主義体制は、自国民を弾圧すると同時に対外侵略を行う必然性を持つ。これは、国内での自国民を「海外の政府の手先」とみなして迫害する以上、外国を敵対勢力とみなさなければ全体主義体制は成立基盤を失うからだ。現在の中国政府も同様であって、このような体制とは如何なる和解もあり得ない。繰り返すが、全体主義対自由民主主義の闘いは価値観の闘争であって、一時的な休戦はあり得ても、最終的には全体主義体制を打倒しない限り自由民主主義諸国の平和も主権も守れないのだ。           Totalitarian regimes are by nature necessitated to suppress its citizens and invade foreign countries at the same time. So long as they persecute citizens as “spies of hostile foreign governments”, they need to keep foreign countries as their enemies to secure the regime’s logical foundation. The present Chinese government is no exception, and there is no way for us to reconcile with such a regime. In other words, the battle between totalitarianism and liberal democracy is the battle of values.  In such battles, truces may be possible, but liberal democracy cannot ultimately protect its peace or sovereignty unless dissolving the hostile totalitarian regimes.          

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。