2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【家族を人質にウイグル人にスパイ行為を強いる中国政府】 三浦小太郎(評論家)

 中国にて日本人の大学教授が「スパイ罪」で逮捕されたニュースが報じられている。この教授だけではない、これまでも多くの企業人が同じ罪状で逮捕されており、残念ながら日本政府は強い抗議の声を挙げていない。安倍首相は、北朝鮮に拉致された日本人を奪還することは最優先の政治課題だと繰り返し述べてきた。その言葉自体も、現段階では小泉訪朝以後ただの一人の拉致被害者も奪還できていない状況では空しく響く。しかし、この日本人被害者に対しては、奪還や救出という言葉すらほとんど政権からは聞こえてこない。企業や大学からも同様だ。

 あえて言う、安倍首相は中国政府に対し、「貴方の国こそがスパイ活動を日本に対し行っているではありませんか」というべきである。首相や内閣が立場上言えないのなら、与野党のいずれかの議員がそう抗議すべきだ。その客観的な証言は、現在、日本で生活している在日ウイグル人たちの訴えの中に靴も現われている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。