2019年11月12日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【日本共産党の実態】  でたらめな日本共産党の政治資金収支報告書と選挙運動費用収支報告書  安東幹(共産主義研究家)

 この間、日本共産党や左翼からの、私への人権弾圧が激しくなっている。日本共産党は、今から二十五年以上前のことであるが、私が過去に哲学や思想(ソクラテスや実存主義、宗教など)を熱心に勉強したことなどを理由に、日本共産党東京都中野地区委員会で勤務していた私を、日本共産党中央委員会の指示で、むりやり代々木病院のメンタルセクションに連れて行った。日本共産党は、私に対する精神医療を悪用した人権弾圧の犯罪をごまかすために、私に対するありもしない盗撮や不倫などの犯罪をでっちあげ、私を攻撃している。「日本共産党に強制収容所」そのものである。共産主義を批判する人などを、精神科に連行するような政党は非合法化されなければならない。ぜひ、私の応援をお願いします。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。