2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【概説】「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

軍艦島―韓国に傷つけられた世界遺産(ハート出版)

松木 國俊 著

その5 第2部:第7章、第8章

 

 第7章は「軍艦島からの脱走の真実」がタイトルです。

 『筑豊・軍艦島』、『軍艦島に耳をすませば』は、これまでにも触れてきましたが、日本で出版されたまさしく反日的な本です。この中に「奴隷的な労働に耐えられず、最後の手段として島からの脱走が試みられた」とか、脱走についていくつか書かれています。

 脱走を防ぐために、監視塔があった、島の周辺にモーターボートを走らせ、夜間はサーチライトで堤防を容赦した、などと書かれているのですが、そもそも監視塔など全くなかったことは確認されています。またこれと矛盾することが、『耳をすませば』の本の中に出てきます。朝鮮人労働者が次のように証言しています。

「8月9日は私は海で泳いでいたんですよ。仕事が明けだったんでね。」

 自由に海で泳いでいたんですから、のどかなものです。監視のモーターボートを走らせていた?ウソがばれていることに自覚もなく、ウソ証言集をまじめ(?)に出している反日左翼というところです。

 第8章は「朝鮮人への差別はなかった」がタイトルです。

 絵本『軍艦島―恥ずかしい世界文化遺産』には、12歳の少年たちを牢獄に収容し、坑内作業にこき使ったように描写しています。そもそも島内にそんな牢獄はなく、派出所に2人ほど入れる留置所があっただけです。

 何よりも朝鮮人労働者の子供も日本人と全く同じに学校に行ってました。島の小学校で学んだことのある崔碩栄氏はweb「『映画“軍艦島”はフェイクである』を示唆するこれだけの証拠」で、次のように書いています。

 「日本語を習ってきたのに加え、頭の良かったグ・ヨンチョルは日本の子供を差し置いて最高の成績を維持することができた。」

 賃金についても軍艦島で少年期を過ごしたある韓国人は本の中で次のように

書いています。

 「熟練労働者だった父の月給は戦時中物価が上昇した時は180円にも達した。教師や役所の職員よりも多い月給だった。」

 虐待や差別などということが常態のようにあったなどというのがいかに根拠

のないでっち上げであるかは、終戦を迎えて朝鮮人労働者が帰国する時の様子

を見れば誰でも納得するでしょう。

 「日本人も朝鮮人も別れを惜しみました。彼らが船に乗って端島を離れるときは、日本人全員が岸壁に集まって手をを振り、彼らもまた見えなくなるまで手を振り続けました。」(元島民の証言)

 

日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/gunkan5.pdf

英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima4.pdf

 

令和元年10月4日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

 

Gunkanjima (Battleship Island): A World Heritage Site Soiled by Korea

–Another distortion of history, akin to the “comfort women”

By Matsuki Kunitoshi

Series No.5: Part 2: Chapter 7, 8

 

   Chapter 7 is titled as ‘The truth about ‘the escape from Gunkanjima’”. 

   In Chikuho/Gunkanjima, published in Japan, it claims that “[Korean workers] were no longer able to endure slave labor and attempted to escape from the island as a last resort.” In the film Gunkanjima, there was a watch tower on Hashima and as soon as an escape was detected, the watchtower guard shot the escapee to death. A former Korean coal miner who appears in Chikuho/Gunkanjima claims: “I have hardly heard of a successful escape from the island. When an escapee was captured, men in charge of labor tortured him to death and the body was thrown into the sea.” 

   But these depictions are entirely contrary to the following testimony of a Korean worker contained in that same book, Chikuho/Gunkanjima:

  “On August 9, I took a swim in the sea. I was off at the time.”

This statement indicates that there was no “watch tower” on Hashima, nor was there “a motorboat searching around Hashima”. Koreans workers freely took swims in the sea. This was the real situation.

Chapter 8 verifies that “there was no discrimination against Koreans”.

A children’s book, Gunkanjima—Shameful UNESCO World Heritage, claims that twelve-year-old boys were accommodated in a prison and were made to engage in hard labor in the coal mine galleries. The fact is that both Japanese and Korean children were good friends and went to school together. 

Mr. Che Sok Young, who was enrolled in a Hashima primary school, writes in his webpage that “The film Gunkanjima is faked,” “Children whose fathers were miners were able to go to school. … [Omitted] School life there was not bad. A boy named Goo Yon-chol learned Japanese before he came to Japan and he was so clever that he was able to get the best grades in class, outdoing his Japanese classmates.”

According to a report from the Nagasaki Nichinichi Newspaper, dated January 17, 1942, the average monthly salary of workers at Hashima Coal Mines was \150. 

When Korean workers left the island after the war, both Japanese and Koreans alike waved farewell, yearning for each other. When the Koreans got aboard their ship, as it was leaving Hashima, all Japanese gathered at the pier and waved goodbye to the Koreans, who waved back to us until they were gone, out of sight. This was also the real situation.

 

    URL:  http://www.sdh-fact.com/book-article/1411/

PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima4.pdf

Questions are welcome.

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: +81-3-3519-4366

Fax: +81-3-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.