2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【憂国の風】 黄海海戦125周年に想う 玉川博己(三島由紀夫研究会代表幹事)

この9月17日は明治27年日清戦争の勝敗を決した日本,清国両海軍によって戦われた艦隊決戦,黄海海戦の勝利から125周年に当る記念日である。日清戦争は、明治維新によって近代国家としてのスタートを切った日本帝国が初めて戦う本格的対外戦争であり、当時の清国は眠れる獅子を言われたアジア最大最強の軍事力を誇る強国であった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。