2019年10月18日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【概説】「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

軍艦島―韓国に傷つけられた世界遺産(ハート出版)

松木 國俊 著

その4 第2部:第6章

 

 映画『軍艦島』では、朝鮮人労働者の悲惨な様子ばかりが描かれております。全くのでたらめな創作にとどまらず、日本で出版されている『軍艦島に耳をすませば』や『筑豊・軍艦島』などの資料も使って、「きわめて劣悪な衣食住の条件下、言語を絶す危険な重労働、差別待遇とリンチに明け暮れる毎日であった」などと述べています。

 第2部では、元島民の方々の証言、専門家の研究資料、および著者が平成29年11月に現地調査を行った際に得た情報などをもとに、上記の主張が、いかに根拠のないものであるか、実態はどうであったのかを具体的に明らかにしていきます。

 第6章では主に次のようなことが明らかにされています。

 

・『軍艦島-恥ずかしい世界文化遺産』に登場し韓国メディアがとりあげている「お母さん、会いたいよ」などの落書きは、戦後の映画製作の際に、スタッフによって演出として書かれものであった。(スタッフの証言による)

・子供に重労働をさせることは法で禁じられていた。

・朝鮮人工夫には危険な作業をさせなかった。(危険な仕事は熟練者が行っていた。事故が起これば一蓮托生。)

・ツルハシでの作業はなかった。近代化が進み、圧気作動式のコールピックが使用されるようになっていた。

・働いた時間は日本人も朝鮮人も同じだった。

・日本人の朝鮮人への暴行はなかった。朝鮮人を束ねる監督は朝鮮人だった。

・中央協和会の指導方針には「体罰は指導者の力不足」と明記されていた。

・死亡率は日本人も朝鮮人もほぼ同じだった。

 

 いずれも具体的な資料によって裏付けられています。

 

   日本語原文: http://hassin.org/01/wp-content/uploads/gunkan4.pdf

     英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima3.pdf

 

令和元年9月12日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

 

Gunkanjima (Battleship Island): A World Heritage Site Soiled by Korea

–Another distortion of history, akin to the “comfort women”

By Matsuki Kunitoshi

Series No.4: Part 2: Chapter 6

The alleged abuse of Korean workers in the movie Gunkanjima was played up to the hilt. The testimonies of Koreans in published materials such as Listen to Gunkanjima and Chikuho Gunkanjimaassert that, under extremely poor living conditions, Koreans were forced to engage in dangerous and hard labor that defies description and suffered from continuous Japanese racism and lynching. How true, though, are these Koreans assertions? 

Part II will clearly and concretely detail life in Hashima (Gunkanjima) at that time, based on testimonies of former Hashima residents, based on the findings of experts and on information this author obtained during an on-the-scene investigation conducted in November 2017.

Chapter 6 will present the following facts that oppose the claims made within Gunkanjima.

 

 *Scribbling, such as “Mom, I miss you so much,” was set-up. It was the creation of a female recording staff member. (She later admitted this.)

*The law did not force children to engage in hard labor.

*Korean workers were exempt from dangerous work. Dangerous work was done by skilled and experienced Japanese workers. If an accident occurs, then many, both Japanese and Koreans, will suffer.

 *No labor was performed with a pickax. Remarkable technical innovations in mining occurred and new mining machines powered by high pressured air put an end to the era of pickaxes.

 *Working hours were the same among Japanese and Korean workers.

 *No physical violence was committed against Koreans by Japanese. Korean workers were under supervision of Koreans.

 *The policy of the Central Cooperative Society: “Physical punishment is very proof of a leader’s inefficiency” (So written in the guideline.)

 *The rate of mortality was the same among Japanese and Korean workers.

 

 These facts have been verified by concrete materials.

 

    URL:  http://www.sdh-fact.com/book-article/1400/

PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima3.pdf

 

Questions are welcome.

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: +81-3-3519-4366

Fax: +81-3-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.