2019年09月15日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【書評・紹介】「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

【書 評】

『不都合と不愉快:日本の慰安婦問題のパラダイム転換』

マーシャル・ワーズワース著

クリエイトスペース・インデペンデント出版

書評者 タダシ・ハマ(日本語訳:「史実を世界に発信する会」 )

 

 これは、アマゾンのon-demand 出版ではありますが、欧米でもようやくまともな慰安婦論が本としても出てきたのは、大変喜ばしい限りです。われわれが、英文で様々なサイドからこの問題を発信してきたことが、それなりの貢献をしているのではないかと自負している次第です。

 タダシ・ハマ氏の書評をお届けする次第です。その最初のパラグラフでは次のように概要を述べています。

 

韓国のナショナリスト(民族派)、人権活動家、マスメディアは、戦時中の日本の売春制度を、「国家がスポンサーとなった性奴隷システム」であり、「体系的に組織された不法かつ不道徳な軍事活動」の一環だったと主張する。日本軍の売春制度というものは、今では、多数の証拠書類によって、告発されているようなものではなかったということが明らかになっている。戦時中の米軍が記録し、戦後は捕虜の尋問や押収した日本側の書類などが出てきているのである。その史料の多くが公表されてから相当な期間を経ているというのに、なお韓国の民族派およびそのシンパは、鼻で笑って相手にせず、もしくはことさらに見て見ぬ振りをしているのである。本書の著者マーシャル・ワーズワースは、第二次世界大戦中の日本軍の売春システムについて事実を究明し、彼なりに分析・解釈を加えている。本書は、日本軍の売春システムの真の性質、および戦時中の慰安婦の役割について、分析し解釈するための史料(資料)を豊富に提供している。

 

いわゆる韓国の民族派、そしてそれを何の疑いもなく支持する欧米のマスコミ、学者たちは、全くの「作り話」を、相も変わらず前提にして人権だとかなんとか慰安婦問題を論じています。それはいかに空しいことであるか、本書をよめばはっきりするでしょう。

 

    書評英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/hata-book-review.pdf

    日本語訳:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/hata.pdf

 

令和元年8月26日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

 

<Book Review>

Inconvenient and Uncomfortable: 

Transcending Japan’s Comfort Women Paradigm

Marshal Wordsworth

CreateSpace Independent Publishing, 2018

Reviewed by Tadashi Hama

 

We are pleased that a straight-to-the-point book on the Comfort Women has been written by an American and published in the US, even though it is through Amazon’s on-demand publishing. We would like to think that our previous efforts in disseminating books and articles on this subject through our website and by other means have contributed to the emergence of books like this, and this one in particular. 

Here is Mr. Tadashi Hama’s overview of the book:

 

The Korean nationalists, human rights activists and the mass media characterize Japan’s war-time brothel system as a “state-sponsored sexual slavery system involving a systematically organized illegal and immoral military operation.”  Much of the details of the Japanese military brothel system, documented by the US military in war-time and post-war prisoner interrogations and captured Japanese documents that showed that these accusations were false, have been in the public realm for some time, yet they have been either downplayed or studiously ignored by Korean nationalists and their allies.  Writer Marshall Wordsworth collects the facts and offers his reflection on the World War II Japanese military brothel system.  In fact, the current book offers much for reflection, not only on the true nature of the Japanese military brothel system but also on the comfort women’s role during the war.

 

   Korean nationalists, western media, intellectuals and human rights groups, with blind obedience,  continue to support the Comfort Women story and espouse “justice” (revenge?) in terms of “violations of human rights” and “criminal” behavior. Readers of this book will immediately see how stupid and how unscrupulous they are.

 

Book:https://www.amazon.com/Inconvenient-Uncomfortable-Transcending-Comfort-Paradigm/dp/1724576763/ref=sr_1_1?keywords=inconvinient+and+uncomfortable&qid=1566369045&s=gateway&sr=8-1-spell

 

Book Review: HTML: http://www.sdh-fact.com/review-article/1393/

PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/inconvenient-and-uncomfortable1.pdf

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact

Phone: 03-3519-4366

Fax: 03-3519-4367

Email moteki@sdh-fact.com

URL http://www.sdh-fact.com

Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.