2019年08月17日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【日本への回帰】 皇位継承に関する諸儀式3  荒岩宏奨(展転社代表取締役)

 斎田点定の儀

 

 前回と前々回は「践祚の式」と「即位礼」に関する儀式についてた。今回は大嘗祭について確認していこう。

 かつて、新嘗祭と大嘗祭は同じお祭りのことを指していた。しかし、律令以降は明確に区別されるようになった。新嘗祭は毎年執り行われるのだが、大嘗祭は御一代に一回限りの重儀である。践祚後初めて行われる新嘗祭が大嘗祭ているが、新嘗祭ったというない。大嘗祭の方が規模であ

 大嘗祭準備は、神々にお供えする新穀をつくる田を定めるところからはじめる。この儀式を「斎田点定(さいでんてんてい)の儀」という。斎田は全国から二ヶ所選ばれる。そのうちの一つが「悠紀田(ゆきでん)」であり、もう一つが「主基田(すきでん)」である。「斎田点定の儀」は、亀甲を焼いて、その焼け方によって神意を伺う「亀ト(きぼく)」によって定められる。亀トによって、悠紀地方と主基地方がどの都道府県かが決められる。そして、悠紀地方から悠紀田、主基地方から主基田が定められるのだ。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。