2019年07月23日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【概説 英訳】「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

軍艦島―韓国に傷つけられた世界遺産(ハート出版)
松木 國俊
その1 はじめに、目次
 
平成29(2017)年8月、『軍艦島』という映画が韓国で封切られました。2週間後には観客動員6百万人を達成したといいます。アメリカではタイムズスクエアの巨大電光掲示板を使い、1週間にわたって「史実を忠実に再現した映画」として全世界にアピールしました。
映画の冒頭場面では、朝鮮半島から運ばれてきた「徴用工」や「慰安婦」を日本兵が窓のない貨車に詰め込みます。ユダヤ人ホロコーストと並ぶ残虐行為を、日本が朝鮮人に対して行ったという印象を最初から観客の頭に刷り込むのです。もちろんこれは史実どころではない、真っ赤な歴史偽造です。
映画では、日本の敗戦が決定的になると、会社側は、虐待の事実を隠ぺいするために、朝鮮人全員を殺害しようとします。ラストは朝鮮人徴用工と慰安婦が銃を取って日本兵を打倒し、船で軍艦島から脱出します。
まるで、軍艦島には日本軍兵士が駐屯していたかのようなストーリーですが、実際はどうかというと、兵士は皆無、警官も交番に二人いただけです。いかにとんでもない大ウソかが明らかですが、韓国ではこんな大嘘が本当のことである、という前提で対日非難を行い、また世界に向かってこれをプロパガンダしているのです。
本書は、この映画を具体的に徹底的に解剖し、その嘘を明らかにすると同時に、韓国内にある博物館、歴史資料館なども同類の大嘘展示を行っている実態を暴露していきます。
今回は、まえがきと目次をご紹介しますが、このあとは、2章づつご紹介していくことにします。
 
   日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/gunkan1.pdf
   英訳文: http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima.pdf
 
令和元年6月20日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道
 
Gunkanjima (Battleship Island): A World Heritage Site Soiled by Korea
–Another distortion of history, akin to the “comfort women”
By Matsuki Kunitoshi
Series No.1: Introduction, Table of Contents
 
The film Gunkanjima (Battleship Island) was first shown in Korea in August 2017, a work of fiction created to bash Japan and nothing else. Within a couple of weeks, around 6 million Koreans saw the film. The film was advertised in the US, for a week, with the help of the New York City Times Square billboard.
In the beginning of the film, “mobilized workers” and “comfort women” brought over from the Korean Peninsula were packed into windowless freight trains by Japanese soldiers–from the start, the film depicts a Japanese-style “holocaust” against Koreans, akin to the real German Holocaust against the Jews. In fact, there was absolutely nothing that this piece of fiction claims that occurred in Japan at that time—none whatsoever.
Moving to the end of the film, Korean “mobilized workers” and “comfort women” take up arms and overcome Japanese soldiers. The Koreans then escape to freedom from Gunkanjima by boat. This is really laughable, as at the time there were only two police officers in one koban on the entire island—there were no Japanese military. Koreans lies need to be exposed for what they are and Koreans need to be chided for lying.
The current book critically analyzes the film in light of historical facts and exposes the lies and the anti-Japanese propaganda that is a theme in Korean state-sponsored museums and other facilities.
 
 URL:  http://www.sdh-fact.com/book-article/1358/
 PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/Gunkanjima.pdf
 
Questions are welcome.
 
MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact
Phone: +81-3-3519-4366
Fax: +81-3-3519-4367
Email moteki@sdh-fact.com
URL http://www.sdh-fact.com
Note: Japanese names are rendered surname first in accordance with Japanese custom.