2019年08月26日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【タカラジオの独り言】   ―祖国への願いー   野伏翔

6月4日から9日まで、東京六本木の俳優座劇場で、劇団夜想会による「祖国への挽歌」と言う演劇を公演する。作・演出野伏翔、出演松村雄基、原田大二郎他のこの芝居は、戦後アメリカシカゴでマフィアの大幹部としてのし上がった日系人マフィア、衛藤ジョーの人生を描くエンターテインメント作品である。
 
主人公の衛藤ジョーことモンタナジョーは、日系移民迫害により強制収容所に入れられ、その後442日系人連隊での激戦を経験した日系二世である。同じ連隊にいた日系二世ダニエル井上は、戦後ハワイ知事から大統領継承権第3位の上院議員にまで上り詰め、現在はハワイでホノルル空港改めダニエルイノウエ空港と、その名を顕彰されている。だがその反対にマフィアの世界で頭角を現し、アジア系だけのモンタナファミリーを組織しその名を轟かしたのがモンタナジョーであった。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。