2019年05月25日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【日本への回帰】 皇位継承に関する諸儀式1 展転社代表取締役 荒岩宏奨

 三部類される皇位継承儀式
 
 平成三十一年四月三十日、天皇陛下は御譲位あそばされ、五月一日に新帝陛下が践祚あそばされた。そして、元号は平成から令和に改元され、同日午前中に皇位継承の儀式である「剣璽等承継の儀」、「即位後朝見の儀」が執り行われ、テレビ中継された。
 三月の本連載では御譲位に関する諸儀式について紹介したので、次は皇位継承に関する諸儀式を紹介する。皇位継承に関する諸儀式は大きく三つに分類される。「践祚の式」「即位礼」「大嘗祭」の三つである。
 今回は「践祚の式」である「剣璽等承継の儀」「剣璽等承継の儀」「賢所の儀」「皇霊殿神殿に奉告の儀」を紹介する。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。