2019年07月24日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【なるほど納得政経塾㉝】 「非常識国家韓国とのつきあい方」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

 本講座の第三十号にも述べたように、韓国はまともな近代国家ではないが、このところの対日姿勢は全く常軌を逸している。真面に相手にするのも憚られる程だが、そこはしっかりなすべき反論をしておかなければならない。以下、座視し得ない同国の対日姿勢について論じてみることにしよう。
 
「慰安婦」と「半島労務者」に関しては、上述の如く第三十号において論じたので、今回はそれ以外の問題について論考しよう。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。