2019年03月22日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

【日本への回帰】   ―靖國神社御親拝― 展転社編集長 荒岩宏奨

 富田メモに対する違和感
 
 平成十八年七月二十日、日本経済新聞が一面で「富田メモ」について報じた。宮内庁長官だった富田朝彦の日記には次のように書かれていた。
 
《私は 或る時に、A級が合祀され その上 松岡、白取までもが。
筑波は慎重に対処してくれたと聞いたが
松平の子の今の宮司がどう考えたのか 易々と
松平は 平和に強い考があったと思うのに 親の心子知らずだと思っている
だから 私あれ以来参拝していない。 それが私の心だ》
 
 昭和六十三年四月二十八日の日記に書かれていたらしい。
 まずは、メモに登場する人物を簡単に紹介しておく。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。