2019年06月26日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

なるほど納得政経塾㉚ 「やはり近代文明国ではなかった韓国」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

先月30日、韓国の最高裁判所は「半島労務者」に対する日本企業の賠償責任を認める最終判決を下した。(半島労務者は「徴用工」と表現されることがあるが、これは誤りである。彼らは決して徴用されたわけではなく、企業の募集に応募して採用された工員だからである。軍属でもない慰安婦を「従軍慰安婦」などと呼称していた間違いによく似ており、その呼称そのものの中に、強制性を含意しようとする韓国人等の意図が隠されていることを看過してはならない。)
 
半島労務者らへの未払い給与等に関しては、昭和40年(1965.6.22)締結の「日韓基本条約」によって完全かつ最終的に解決している。この際、本条約の内容と経緯について復習しておくことにしよう。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。