2018年11月20日(火曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

連載第23回 戦争税を知っていますか 日本野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

連載第23回 戦争税を知っていますか
日本野牧雅子(宮塚コリア研究所研究員)

 
 平成30年4月27日、板門店で韓国・北朝鮮の首脳会談が行われ、共同声明が発表された。あの金正恩氏がテレビ画面に現れ、笑顔が画面に映り、肉声が流れた。
日本のテレビ番組はこれら演出された平和ムードを褒め称え、金氏を「金正恩さん」とさん付けで呼んだり、あろうことか「好感度が上がっていますね」などと評する司会者もあった。さらに、ノーベル平和賞を与えようとする者達もいるという情報もあり、その人達は頭が狂ったのかと思うばかりであった。
日本中があの詐欺師王朝に騙されているのでは、と不安に思ったが、翌朝のテレビニュースや報道番組のコメンテーター、ネットのヤフーニュースでは、「共同宣言に拉致問題がない」「自主的統一とは、アメリカ抜きってことか」「朝鮮半島の非核化って、在韓米軍に出ていけってことか」などと、北朝鮮側の作為を見抜く発言もあった。騙されずに冷静に事態を見守っている日本人もいると思い、安心もした。
翌朝28日の朝日新聞の一面トップの大見出しには、-南北「完全な非核化」目標」- と、黒地に白抜きの大見出しで書かれており、中小の見出しにも、拉致問題がないことや、非核化のための具体性がないことなどが、一面にはなかった。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。