2018年05月21日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

国連人権理事会(2018.3.9)における シャロン・ミキコ・アイザック氏の慰安婦問題に関する発言 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

国連人権理事会(2018.3.9)におけるシャロン・ミキコ・アイザック氏の慰安婦問題に関する発言

「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

 

 3月9日の国連人権理事会において「慰安婦の真実 国民運動」国連派遣団の一員として、カナダ国籍のシャロン・ミキコ・アイザックさんは、慰安婦問題に関してその本質を的確につく、鋭い発言(oral statement) を行いました。

英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/Sharon1.pdf

日本語訳:http://www.sdh-fact.com/CL/Sharon3.pdf

https://www.youtube.com/watch?v=5UHZnrEYaFg&feature=youtu.be(テキサス親父日本事務局動画)

また、この趣旨のより詳しい内容の意見書 (written statement) を人権理事会のサイトに送付しております。

 英語原文:http://www.sdh-fact.com/CL/Sharon2.pdf

日本語訳:国連は悪質な漫画やエロ小説を信じている人たちのグループに悪用された

http://www.sdh-fact.com/CL/Sharon4.pdf

 もはや、「性奴隷」「20万人強制連行」などという大ウソは、外務省も国連の人権理事会、関連委員会で公式に否定*しておりまして、「河野談話」なるものは実質的には雲散霧消しているというのが実情です。

 *1. 2014.7.15 自由権規約委員会(CCPR) 外務省人権人道課山中修課長「性奴隷慣行」という表現は全く適切性を欠く」

     2. 2016.2.16) 女子差別撤廃委員会(CEDAW) 外務省杉山晉輔外務審議官「強制連行」「性奴隷」「慰安婦20万」は全く根拠がない。吉田清治のウソ証言をもとに日本の大手新聞社朝日新聞が報じたのが元であるが、朝日新聞は吉田証言のウソを認め謝罪した」。この発言は、政府の公式見解であるかを杉田水脈議員が3月28日の衆議院外務委員会で「杉山氏の発言は政府の公式見解か?」と問いただしたのに対し、鯰博行アジア大洋州局参事官は「杉山の発言は日本政府の公式見解である」と断言しています。

(そのほか、何回かの人権理事会、委員会で外務省は公式表明) 

平成30年4月27日 「史実を世界に発信する会」 茂木弘道

Ms. Sharon Mikiko Isac’s Statement concerning the Comfort Women Issue

at UN Human Rights Council 37th session on February 26, 2018 

   Ms. Sharon Kimiko Isac, Japanese Canadian, made an oral statement concerning the Comfort Women issue, as one of the delegates of the Alliance for Truth about Comfort Women, at the United Nations’ Human Rights Council 37th session on February, 2018. She stated the core issue of the so-called comfort women:

 *Oral statement text: http://www.sdh-fact.com/CL/Sharon1.pdf

 *YouTube: https://www.youtube.com/watch?v=5UHZnrEYaFg&feature=youtube

 

She also submitted a written statement, giving a comprehensive explanation on the issue to the UN Human Rights official document site.    

* Comfort Women Issue: United Nations was exploited by certain group of people who believed malicious cartoons and erotic novels.

      http://www.sdh-fact.com/CL/Sharon2.pdf

 

Obvious falsehoods, such as “sex slave” and “forced recruitment of 200,00 comfort women” have been pointedly rejected by the Japanese Ministry of Foreign Affairs numerous times. Most representative is the remarks made by Mr. Sugiyama, Deputy Minister for Foreign Affairs, at the UN Committee on the Elimination of Discrimination against women on February 16, 2016.  http://www.sdh-fact.com/CL/Remarks-by-Mr.-Sugiyama-.pdf

 

   Questions are welcome.

 

MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman

for KASE Hideaki, Chairman

Society for the Dissemination of Historical Fact