2018年05月21日(月曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

なるほど納得政経塾㉓「技術とリスク」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

なるほど納得政経塾㉓        

「技術とリスク」

神奈川大学経済学部教授

経済学博士 小山和伸

 人類は、棒や石などの素朴な道具から始まって、次第に手の込んだ道具を作るようになった。道具の発達は、生活の質を向上させる一方で、様々な問題も引き起こしてきた。道具の中でも特に重要な意味を持ったものは、武器の開発である。槍や弓矢のような道具は、食糧としての獣を捕る上でも、また対立する他の人間を倒すためにも重要な意味を持っていた。従って、その改良と改善が長い間続いてきた訳である。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。