2018年04月26日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

「『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫) 阿羅健一著」英訳「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道

「『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)阿羅健一著」英訳

「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道

 

『「南京事件」―日本人48人の証言』(小学館文庫)
阿羅健一著
その5―第二章 軍人の見た南京 1、陸軍
第十軍参謀・吉永朴少佐
上海派遣軍特務部員・岡田酉次少佐
上海派遣軍参謀・大西一 

 今回は第2章「軍人の見た南京」のうちの
   1、陸軍 全部で10人ですが、今回はそのうちの3人です。
 序文で作者は次のように述べています。
 
 「何十万という大虐殺が本当に起こったのか。あるいはどの戦場にもあるような光景があっただけなのか、本当はどうだったのか。その時南京にいた同胞にたずねられるものなら、是非とも訪ねたい、そこに本当の答えがある。…
そのとき、どのような日本人が南京にいたかといえば、言うまでもなく日本軍である。日本軍といっても、南京のあちこちを見て歩き、南京の様子を知っていたのは兵隊や下士官ではなく、上級将校であろう。」

 このような考えから、10人の元陸軍将校にインタビューをしています。階級は、大尉から大佐までとなっています。 
 今回の3人は、第十軍参謀の吉永少佐、上海派遣軍特務部員(経済工作担当)の岡田少佐、そして上海派遣軍担当の大西大尉です。
 それぞれの関連分野での実体験の話からしても南京虐殺などどうにも考えられない、というのが結論です。特に大西大尉は、虐殺命令を出したとうわさされる参謀二課長の長勇中佐の部下でした。そもそも二課は情報担当であり、また第十軍隷下の第六師団に上海派遣軍が命令するなどありえないと全面否定しております。その後大西大尉は特務機関長となり、中国軍慰霊祭を主催したり、南京の実情に最も詳しいとの自負を持たれていました。朝日新聞に『中国の旅』が連載されたときにあまりに当時の日本軍と違うので、抗議に行って本多勝一記者を詰問したことがあるそうです。
 大西氏は真実を知っている自分こそが本当のことを書こうと思ったそうですが、周りから今更書いても信用されないと言われてやめにしたことを悔やんでいます。
 
 日本語原文:http://hassin.org/01/wp-content/uploads/48-5.pdf
 英訳文:http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-5.pdf
 
海外には、下記の通り英文で発信しました。
 

平成29年12月15日「史実を世界に発信する会」会長代行 茂木弘道拝
http://hassin.org
 
The Nanjing Incident: Japanese Eyewitness Accounts
-Testimony from 48 Japanese Who Were There-
By Ara Ken’ichi
No. 5: Chapter 2 Nanjing, as Observed by Japanese Soldiers
1. The Army, 19)~21)

We present No. 5 in this series, which contains Chapter 2: Nanjing, as Observed by Japanese Soldiers, 1. The Army, 19) – 21).
In the Section 1, The Army, ten army officers who were involved in the Nanking battle in the place of Nanking.
The author writes in the preface: “Those (soldiers) who could explore and broadly examine Nanjing and understand the situation in Nanjing were not lower ranking soldiers but senior officers.” So, he chose middle to higher class officers (Captain to Colonel) as an interviewee.
No.5 covers three officers: Major Yoshinaga Sunao (吉永朴), Staff Officer, 10th Army, Major Okada Yuji (岡田酉次), Staff, Special Duty Section of the Shanghai Expeditionary Army and Captain Onishi Hajime (大西一), Staff Officer of the Shanghai Expeditionary Army.
Captain Onishi was Staff Officer of the Shanghai Expeditionary Army and then Chief of Special Duty Organization in Nanjing, which took care about the life of Chinese people. So, he must be most knowledgeable about Nanjing at that time. He, of course, completely deny there were a sort of Massacre in Nanjing, as unimaginable thing.
He says “I know the truth–I, who knows the truth, must write the truth, so I thought and tried to write the truth. However, people around me told me that it was too late, that people would simply look at this as an excuse and nobody would believe me anymore, so I was discouraged.”   
 
URL: http://www.sdh-fact.com/book-article/1088/
PDF: http://www.sdh-fact.com/CL/Ara-Nanjing-5.pdf
 
Questions are welcome.
 
MOTEKI Hiromichi, Acting Chairman
for KASE Hideaki, Chairman
Society for the Dissemination of Historical Fact