2017年11月19日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

双十節は台湾の建国記念日ではないー台湾支持者は知っておきたい真実の歴史   台湾研究フォーラム会長 永山英樹

双十節は台湾の建国記念日ではないー台湾支持者は知っておきたい真実の歴史
 
台湾研究フォーラム会長 永山英樹

 
台湾は日本人にとっては非常に親しみやすい魅力ある国だ。その理由の一つは台湾人の親日的な優しい性格だろう。
文化的な近さに親近感を抱き、それを深めて行く人も大勢いる。
こうした親台感情は台湾の人々が東日本大震災の被災地に多大な支援の手を差し伸べたことで、更に一気に広がった。当時のことに今も感動、感謝し続ける日本人は如何に多いことか。かくて日本は世界最大の親台国家になったという感がある。
 
そしてそうした日本人の間では、「台湾のことをもっと知りたい」「台湾の人達ともっと交流したい」との思いが高まっている。
そしてそれに伴い、毎年十月十日の双十節なる台湾の祝日が台湾の建国記念日であるらしいとの情報も広がり、台湾のためにその日を祝いたいと考える人も増えているらしいのだが…。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。