2017年10月18日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

日本への回帰 万世一系の天皇7   展転社編集長 荒岩宏奨

日本への回帰
万世一系の天皇7
 
展転社編集長 荒岩宏奨
 

新嘗祭
 
 天皇陛下の祭祀のなかでも最も重要とされているのが新嘗祭(にいなめさい)である。新嘗祭とは、米を中心とする新穀を神に供え、御自らもそれを食し、その年の収穫に感謝するという祭祀である。もともとは、旧暦十一月の第二卯(う)の日に斎行されていた。
戦国時代に一度中断を余儀なくされた時期はあるのだが、元文五年(一七四〇)に再興され、現在まで続いている。明治六年の改暦にあたり、その年の第二卯の日が十一月二十三日だったことから、現在では十一月二十三日に斎行されている。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。