2017年12月17日(日曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

なるほど納得政経塾⑮ 「主権独立国家の体裁」 神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

なるほど納得政経塾⑮
「主権独立国家の体裁」

神奈川大学経済学部教授
                    経済学博士 小山和伸

 
 2017年9月3日、北朝鮮は昨年に引き続き6度目の核実験を行い、最近のミサイル発射実験の頻発と合わせ、核武装態勢を間もなく整備し終えるとの観測が現実味を帯びている。
日本がアメリカの核の傘の下で経済的繁栄を謳歌している間に、隣国北朝鮮は自国民を餓死させながら核武装に向けて営々たる努力を積み重ねてきた。この対照的な2国の国家基本戦略をどのように考えたら良いのであろうか。以下では、政治的主権の独立度合いと経済的繁栄の度合いとを水平・垂直の軸にとって、国家の基本方針ないし国家戦略を分類してみることにしよう。(小山和伸著『リーダーシップの本質』白桃書房2016 第5章)
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。