2017年07月28日(金曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

「ついに特例法成立」 村田春樹

「ついに特例法成立」
村田春樹

 悪夢が現実に六月九日退位特例法が成立した。平成も三十年で終わり、新しい御代がはじまるという。夢(悪夢)を見ているようだが現実である。昨年七月十三日午後六時五九分のNHKの速報に端を発したこの騒動、今日のこの事態を、一年前に一体誰が想像しただろうか。日本中に一人もいなかった、いやお一人を除いて一人もいなかった筈である。
日本国憲法第一条「天皇の地位は国民の総意に基づく。」に違反して天皇お一人の御意志で地位が決められた。第二条「皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する。」に違反して特例法の定めるところにより、皇位は継承されることになった。第四条「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない。」に違反して、天皇は権能を有して立法権を行使したのである。唖然とするしかない。
 

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。