2017年08月23日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

記者・ボランティアスタッフ募集中

なるほど納得政経塾 第二回 「経済学における人間観」

なるほど納得政経塾 第二回  「経済学における人間観」

神奈川大学経済学部教授 経済学博士 小山和伸

  人間観とは、人間をどういうものと見なすかに関わる仮説である。人間社会の成り立ちや運営に関して、それを理解したり説明したり、あるいは予測したりする上で、この人間観は前提的な仮説となっている。

 早い話が、床や階段などの設計をしている人は、何人ぐらいの人が入るかによって、人数×体重で強度計算をする。この場合、設計者にとって人間は重量の単位と見なされる。あるいは、伝染病の伝播を防止する防疫学の観点からすれば、人間は病原菌の媒体と見なされるであろう。また、小説家は人間を複雑な感情を持つ生き物と見なすかも知れない。このように、ある種の分析や設計の目的に応じて人間観は異なってくるし、また人間観が異なれば、当然その人間が織りなす社会に関する、理解の仕方も変わってくる。

※記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。