ウサギシリーズ(13) うさんぽ

ウサギシリーズ(13) うさんぽ

 

うさぎの散歩を「うさんぽ」という。

マリもウサギ用リードをつけて、何度か「うさんぽ」を試みたこともある。

道行く人がびっくりして振り向くのが面白い。

しかし、リードをつけようとすると暴れるし、根が臆病なので、外で固まってしまい一歩も動かなかったこともある。

なので、最近はせいぜいベランダに出すくらいである。

 

<ペット用ベビーカー>

筋金入りのウサギ好きのウサ友は、「うさんぽ」はもちろん、ウサギをアウトレットモールにも連れていく。ウサギをペット用ベビーカーに乗せて連れて歩くのだそうだ。

 

 ちなみに、某御殿場アウトレットモールに行った時、ペットの犬がとても多くてびっくりしたことがある。

 ベンチには、お父さんと犬と子どもが座っていた。

お父さんは犬とボーと所在なく座っている。

子どもはゲームに夢中。

お母さんは必至でお買い物か?

 

 ペット用ベビーカーというと、前に、地下鉄のエレベーターを利用した時のこと。

 エレベータ―を待っていると、ベビーカーを引いている男の人が来たので、

「赤ちゃん優先だわ」、と思い、先に入ってもらった。

しかし、ふと、ベビーカーの中をのぞくと、なんと赤ちゃんではなく、小型犬だった!

 まあ、犬だって事情があって地下鉄に乗っているのだろうけれど、何となく府に落ちない・・・

 

<置いてきぼりのマリ>

 マリがまだ2歳の頃、事情があって、しばらく姉に預けたことがある。

 姉は、大型犬2匹と猫2匹の計4匹を飼っている。その猛獣屋敷にマリはしばらく住んでいた。

ある日、姉から電話があり、

「今ね、みんなで草津温泉に一泊旅行で来ているの」

「みんなというとマリも?」

「マリはお留守番だよ。家族じゃないもの

「・・・・・」

その時、ああ早くマリを迎えに行かなければ!と切実に思った。

 

<散歩の思い出>

 散歩といえば、昔はよく犬のゴールデン・レトリバーとお散歩をした。

 ある時、いつもどおり犬と散歩をしていると、後ろから

 「めんこい(=かわいい)なあ」 

 という声がした。

 振り向くと、

 「いや、犬がさ」

とおっさんは言った。

もちろん、犬だって分かってますよ!さすがに、自分のことだとは思いませんよ。

 

 (私が育てた大麦若葉を食べるマリ)