2018年08月18日(土曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

国会


衆院内閣不信任決議案否決の見通し 国民民主玉木共同代表「国民の負託が得られていない法案は数の力で押し切ろうとしながら、国民生活に直結する問題に何も手を付けない政権は退陣すべき」

事実上の通常国会最終日である20日、立憲民主党など野党6会派は、同日午前、安倍内閣不信任決議案を提出した。 20日午前に行われた、野党6会派の党首会談で、国民民主党の玉木雄一郎共同代表は「安倍政権には正義も道義もない」と […]