2019年12月12日(木曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

論説

【論説】終盤国会、ズレ続ける与野党の関心事

 (写真: 内閣府ホームページ)  6月20日に閉会する国会は残り1か月を切り、与党内から、10日間程度の会期延長論が浮上し始めた。“モリカケ問題”で財務省理財局の記録廃棄問題や、首相答弁の信ぴょう性に疑惑が浮上し、野党 […]


【論説】 トランプ外交にあって安倍外交にないもの

外交は「武器を持たない戦争」といわれる。国同士がそれぞれの利権を巡り角突き合わせて有利な約束事を取り付けていく。 戦争にも国際法上のルールがあるように、外交も利権ばかりを剥き出しにしてはうまくいかない。良識なしに自国の利 […]



【論説】来春決まる新元号、時代を象徴する漢字は…

政府は来年5月1日の皇位継承に伴う新元号の公表時期について、1か月前を想定して行政システムの改修などをする方針を固めた。 改元に際しては、4段階の過程で候補が絞られていく。①数人の有識者に委嘱し候補名を絞り込む、②官房長 […]


【論説】 独裁者を勢いづかせるノーベル平和賞

昨年1月の大統領就任以来、世界に混乱と戸惑いをもたらしているドナルド・トランプ。そんな彼がノーベル平和賞の有力候補と聞いて仰け反った人も多いのではないだろうか。 トランプは先月末、ミシガン州での支持者集会で、北朝鮮から「 […]


【論説】セクハラ問題、女性記者の行為は許されるのか

財務省の福田事務次官によるセクハラ問題に関し、無断録音した音源を公にした女性記者の行動に賛否が分かれている。録音されたセクハラ発言は下劣そのもので、相手に恐怖を与えかねない内容だが、自己防衛のためとはいえ女性記者のとった […]


【論説】“忖度”に追われる安倍首相

【論説】“忖度”に追われる安倍首相   いくら噛んでも大した味がしないと思っていたら、スルメのように、じわじわと旨味がしみ出てきた――昨年から続く森友学園・加計学園問題を追及してきた野党議員の現在の心境はこんなものかもし […]


【論説】防衛省のウソを招く憲法第9条

【論説】防衛省のウソを招く憲法第9条  防衛省は4月16日、陸上自衛隊が保管していた自衛隊イラク派遣時の日報計435日分(計1万4929ページ)を一部黒塗りにした上で公開した。朝日新聞デジタルがPDFドキュメントにしてネ […]


【論説】変化の時代に変われなかった財務事務次官

【論説】変化の時代に変われなかった財務事務次官   財務省の福田淳一事務次官がセクハラ疑惑を受けて辞任を表明した。セクハラやパワハラは、許されないご時世である。週刊新潮により公開された録音ファイルの声が本人であるならば、 […]