2019年07月24日(水曜日)
ようこそ、ゲストさん。有料記事を見るにはログインが必要です。
 
 
ログイン情報を記憶

システム復旧致しました。

西村眞悟「明治の精神を持って国難を克服すべし」

「海洋、即ち、我が国存立の基盤を守れ」  西村眞悟

明治九年、若き二十六歳の明治天皇は、最新鋭の鉄鋼汽船「明治丸」(1235トン、11ノット)で、北海道と東北を巡幸され、同年七月二十日に東京湾内の横浜港に帰着された。戦前は、この巡幸から帰着された七月二十日を「海の記念日」 […]

続きを読む