the-diet国会

田母沢御用邸 日光

日光といえば紅葉の名所。いろは坂を中心に秋の行楽の人気の場所としてあまりにも有名だ。徳川家の菩提寺である日光東照宮と同時に、行楽の際に絶対に訪れて欲しいのが日光田母沢御用邸である。

 

昭和18年末から翌年にかけて全国で一斉に学童疎開が始まっていた。時の皇太子殿下が疎開されたのは昭和19年であり、その後約一年間ご滞在されたのが田母沢御用邸であった。

 

この御用邸の歴史をたどると紀州徳川家にさかのぼる。

東京がまだ江戸だったころ、紀州藩中屋敷を赤坂離宮として皇室に献上、大いに寄与したことから始まる。明治31年解体されることとなったが三階建て部分が皇太子嘉仁親王(大正天皇)のご静養所として3階建て部分が日光に移築されることになった。御座所、御学問所、御寝室、御日拝所、御展望室を備え、現在の上皇陛下もここに疎開された記念すべき建物である。

 

現在は記念公園として一般公開されており誰でも訪れることが出来る。

大正天皇、昭和天皇、平成上皇陛下と三代にわたり皇室の方々が過ごされた記念すべき館で、現在の建物は大正7年から3年をかけて大規模な修理修復が行われたものである。

平成15年、国の重要文化財の指定を受け19年には「日本歴史公園100選」になった。

1,360坪という広大な敷地に建つ建物は、明治から昭和にかけての技術の粋を集めた和風建築であり、随所に目が奪われるだろう。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

2022年9月より新規会員は新サイトで募集しています。
こちらでご覧ください。

yamatopress.tokyo

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会費は月額550円(税込)です。全ての記事・コラムがご覧いただけます。

会員の方はこちら