the-diet国会

不敬罪を復活せよ! 承前 村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会会長・今さら聞けない皇室研究会顧問)

「文藝春秋」令和四年五月号に齋藤智子というジャーナリスト(元朝日新聞記者)が「愛子さま二十歳のお覚悟」と題して記事を書いている。文中に 

「雅子さまが決定的に体調を崩すトリガー(引きがね)となったのは、平成一五年秋にメキシコ大統領夫妻が来日した際、天皇陛下(現上皇)が一人ずつ家族を紹介した場面で、雅子さまお一人が紹介されなかったことだ」 

「複数の目が見ている中での出来事だった。理由は分からない」「雅子さまはこの日、はた目にも青ざめて見え、同席した一人に大丈夫ですか、と尋ねられている。」 

「その後帯状疱疹で入院、退院後は療養生活に入った。」 

と記述している。この記事は全体的には敬宮内親王殿下礼賛記事であるのに、唐突に上記の文章が入ってくる。不自然である。雅子さまの今日に至る御体調不良の原因は上皇陛下にある、と決めつけているのだ。そもそも皇太子殿下(当時)が、小和田雅子さん(当時)い惚れ込み、辞退する小和田雅子さんを口説き落とした、ということはまず周知の事実だろう。両陛下はいたく喜んで、妃殿下を目に入れても痛くないほどかわいがったのはいうまでもない。なかなか子宝に恵まれず粒々辛苦八年、この記事が指摘する「事件」の前年に待望のご出産。両陛下も両殿下もお幸せの絶頂だったのではないか。このときにどうして天皇陛下が衆目の前で妃殿下にそんな意地悪をするのか。あり得ないではないか。しかもこの記事には既視感がある。昭和五十年両陛下訪米の羽田空港でのお見送りの際、皇后陛下(当時)が皇太子妃殿下(当時)だけを無視して答礼しなかったという話がある。真偽不明というより事実無根だろう。今回の記事はこの話しの焼き直しである。上皇陛下が激怒されるのは当然である。 

さらにこの記事は続く 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら