kiji記事

【論説】独裁者が求める欲望の果て

※イメージ画像

 

ロシアが導入している「死の手」という恐ろしい核兵器発射命令システムについて、先日記した。

 

独裁者のインセンティブ(動機)とは何だろうか。敵をコテンパンにやっつけること、己の力を見せつけること、歴史に名を残すこと、森羅万象の全てを己の支配下に置くこと、永遠の命を手に入れること、この世の終わりを見届けること……。

 

考え得る究極のエゴイズムを並べてみると、永遠の命などは叶わなくとも、自分が死ぬ際に世界が終われば或る意味で永遠の命と引き換えにならないこともない。その他の望みは、核戦争で世界を終わらせることで解決できる。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら