kiji記事

【論説】地球を人質にしているプーチン

※イメージ画像

 

プーチン大統領(69)は、自らのクビに絶対的な保険となる地球を掛けていると言われる。「死の手」と呼ばれる核報復システムで、AI(人工知能)が司令部の非常事態を認識すると、自動的にロシア各地に配備されている約1600もの核ミサイルを発射するという。

 

無論、西側先進国の主要都市や軍事基地は全て標的に入っているため、東京や沖縄などには多くのミサイルが同時着弾とみられる。ロシアが保有するICBM「サルマト」や極超音速滑空体「アヴァンガルド」の最大速度は極超音速(マッハ5以上)のマッハ20。このスピードだと、あらゆるミサイル防衛網は無力化される。

 

「死の手」は旧ソ連が1985年に導入。近年は人為からAIに移行した。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

2022年9月より新規会員は新サイトで募集しています。
こちらでご覧ください。

yamatopress.tokyo

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会費は月額550円(税込)です。全ての記事・コラムがご覧いただけます。

会員の方はこちら