kiji記事

【論説】百年の孤独という気分

約1か月前、「沸点が異様に低い怒りオヤジの恐ろしさ」というタイトルで、30年来の友人から突然絶交されたと記した。

 

政治的見解の違いであり、反論した私に嫌気が差した相手の判断である。一緒にいて不快な相手であれば互いにメリットがないので、私も特に返事はせず、SNSに登録されている相手のサムネを淡々と抹消した。

 

コロナ禍で飲食する機会もほぼ全滅し、他の友人との連絡もほとんどしていない。SNSも年賀状もクロージングを進めているので、友人の数は目下激減中である。

 

かつて、思いがけず手に入った観戦チケットやコンサートチケットがあれば、友人や恋人どちらかの選択はできずとも、誰かしら付き合ってもらえる相手は見つかった。しかし最近、そのような機会があっても、暇な相手が見つからない。

 

いや、それぞれに予定があっての断りではある(ウソの言い訳で断られたかもしれないが)。気付けば自分も50歳に手が届く年齢。友人の多くが家族を持ち、貴重な休日は家族サービスという「業務」に勤しむ人ばかり。昔の独身仲間に割けるほど誰も暇ではない。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら