the-diet国会

占い? 伝承? 迷信? 六曜は。現代に生きている!? 

さるネット番組で、経済学者、数量政策学者である高橋洋一氏が、衆議院解散選挙に関して面白いコメントを述べた。

「自民党は解散や選挙時には、必ず大安吉日を入れるんだけど、今回の告知日、投票日、ともに仏滅の日を選んでいる。不思議だよね。」過去の自民党選挙では大安吉日や先勝などが選ばれていたらしい。

数字が基本である高橋氏が選挙と六曜に触れたことに意外性があったので、改めて六曜に関して調べてみた。なお、選挙告知日・投票日はともに仏滅である。

 

六曜とは14世紀ごろから日本では盛んになったといわれ、日による吉凶が占われた。

元来は時間の占いであり、太陽が昇ってから沈むまで、夜が始まってから終わるまでを、各三つ計六の時間帯に分けたとされている。明治頃から盛んになった六曜は現代でもカレンダーに記載され、「良い日」「悪い日」の指針となっている。

 

 

縁起の良いとされる日から順番に、簡単に解説してみよう

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら