kiji記事

【論説】東京マラソンが初の全面中止

※イメージ画像

 

2007年から毎年3月に開催されてきた今年の東京マラソン。今年はコロナ禍で10月17日に延期となっていたが、「開催1か月前以降に緊急事態宣言が発せられている場合」は中止基準に該当するとのことで、2021年大会は15年目で初の中止と決まった。

 

昨年の大会はパンデミックが現実的になるなか、一般参加を急きょ中止し、招待選手193人のみで行われた。大会そのものが全面中止となったのは今回が初めてで、参加予定だった一般ランナーについては、代わりに別の大会に参加できるよう調整する予定だ。

 

時期的には秋に入り、あと2か月もすればコロナ禍で迎える2季目の冬となる。年末年始にかけて全国各地でマラソン大会が開かれるシーズンだが、今年も中止が相次いでいる。代わって一部で導入されているのが、バーチャルマラソンである。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら