the-diet国会

【今さら聞けない皇室の基礎知識】 「本当の尊皇家とは?」 村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会会長)

眞子内親王殿下とKK氏との御結婚が愈々本決まりとなり、年内にNYで新生活に入られるようだ。今どき珍しい命を賭けた恋の成就を心から壽ぎたい。

しかし週刊誌は暴走婚だの皇室崩壊だのと書き立てている。我が保守業界の狂乱は沸騰点に達し、尊皇家を以て自認する有名皇室評論家A氏などは、「穢らわしい」を連発してその興奮は絶頂に達している。尊皇家B氏は、「結婚後眞子(呼び捨て)はあの親子に生命保険をかけられて殺される。」とネットに書き込み、尊皇家C氏に至っては「詐欺師と馬鹿娘の結婚」と断じ、「どこが悪い、どこからでもかかってこい。」と息巻いている。皇室評論家の尊皇家D女史は同じく尊皇家で名高いジャーナリストE氏との対談で、KK氏の母親を殆ど詐欺師呼ばわりしている。D女子は秋篠宮皇嗣殿下とお親しいそうだが、次回ご拝眉の際にはなんと挨拶するのだろうか。若手学者尊皇家のF氏に至っては「亡国への道だ」と嘆いている。興味深い。彼らがかねて望んでいた「不敬罪復活」が実現したら、反天連より先に彼ら尊皇家ご自身が「御用」になるだろう。

尊皇家科学者のG女史は「眞子様と小室の結婚 →秋篠宮家なんて要らない」まで拡大炎上してしまうのではないかとツイッターで憂いている。たしかに針小棒大に騒いでいる無責任反日週刊誌の口車に乗ってKK氏を批判すればするほど、秋篠宮家の評判を落としてしまうことになる。既にネットでは「馬鹿娘を育てた馬鹿親」批判が燃えさかっている。次は婚姻を認めた「伯父」を「馬鹿伯父」呼ばわりし始めるだろう。まさにシナの古諺(兵法書三十六計)の指桑罵槐である。ここに新たな皇室の危機が生じてきたのだ。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら