kiji記事

【論説】新規感染者数よりも重症者・死者数を見よ

※日本の新規感染者数(上)、死者数(中)、ワクチン接種数(下)の推移(7月30日現在、ジョンズ・ホプキンス大学HPより)

 

 

全国の新規感染者数が連日で記録更新していることで、メディアがまた騒ぎ始めている。

 

いやしかし、もう、うんざりである。「新規感染者」を何度も何度も連呼するマスコミと、それに呼応して緊急事態宣言の発令・延長を繰り返す政府。馬鹿の一つ覚えのように、国民生活を滅茶苦茶にし続ける。国民が辟易し効果がなくなっているから、感染拡大が止まらないのではないか。

 

病床の拡大やワクチン接種の効率化、国産治療薬・ワクチンの開発に向けての取り組みなど、国民生活を止める前に政府や医師会ができることはいくつもあるはずである。イベルメクチンやアビガンなど効果があると囁かれながら未だに臨床試験すらも始まらない治療薬の持ち腐れは、厚生労働行政の怠慢そのものではないか。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら