kiji記事

【論説】対中国でのG7結束を確認、サミット閉幕

※G7サミットの様子(官邸HPより)

 

英国コーンウォールで開催された主要7カ国首脳会議(G7サミット)が13日、閉幕した。共同宣言では、台湾海峡の平和と安定の重要性が初めて明記され、COVID-19の影響で2年ぶり開催となったG7にとって、否が応でも存在感の大きくなった中国が裏テーマともいえる会議となった。

 

昨年、議長国となるはずだった米国はトランプ大統領(当時)が、G7という枠組みそのものが「時代遅れ」と否定的で、ロシアやインドなども加えたG10やG11に拡大したいとの意向を示した。英国がロシア参加に反対し、日本が韓国参加を拒否、ドイツはG7拡大そのものを批判するなどしてまとまらず、結局、テレビ会議でG7首脳会議が行われるにとどまった。

 

G7が開催されなかったこの2年間、世界は中国のやりたい放題に手を焼いてきた。COVID-19のパンデミックや香港の直接統治、ウイグル人弾圧、南シナ海や東シナ海への海上進出、一帯一路の名のもとで行われているアジア・中東各国の港湾使用権の独占、台湾や豪州に対する一方的な貿易制限等々、覇権国への野心を剥き出しにしている。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら