kiji記事

【論説】干渉も迷惑だが、無関心も寂しい地域交流

※イメージ画像

 

都内に住んでいるせいか地域との関わりが全くない。煩わしい寄合や立ち話をしないで済む反面、自宅に泥棒や強盗が押し入っても、誰も助けに来てくれないどころか、目撃さえもしてくれないんじゃないかと心配に思うことがある。

 

先日朝、サンダルを突っ掛けて朝のゴミ出しから戻る途中、登校中の女児と目が合った。近所の知り合いなら挨拶の1つも気軽にできるのだが、こちらは子供のいない中年男。知らない大人に声を掛けられただけで「不審な声掛け事案」などと地域掲示板に載る時代である。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら