kiji記事

【論説】図々しくて情弱な枝野氏の勘違い

※言葉の端々に独りよがりと図々しさがにじみ出ている枝野氏

 

立憲民主党の枝野幸男代表(57)が6月11日、新著「枝野ビジョン 支え合う日本」(文春新書、5月20日発売)の内容に関連して、自身の主張に時代が追いついたと胸を張った。

 

そう確信したのは今年1月のバイデン米大統領による就任演説だったという。自身の主張とほぼ同じ方向性で、腑に落ちたようだ。その内容は、政府の介入を極力避けて市場原理を尊重する新自由主義が時代遅れとなり、所得の再分配やエッセンシャルワーク(生活必須食)の充実が社会・経済の発展のために重要といった点。また、先日行われた先進7カ国財務相会合で合意した法人税の最低税率を国際的に設ける点についても「このことが象徴的に表しているが、私が本で書いた方向に世界が明確に転換を始めている」と誇示した。

 

元々自惚れの強い人物ではあるが、本気でこのような自画自賛をされると、ドン引きを通り越して哀れにさえ映る。「誰も自分を褒めてくれないから自分でPRしてみました」「本が売れるように公式会見でステマしてみました」といったところだろうか。多少の打算はあろうが、枝野氏は最近「早く政権を渡していただきたい。こちらには準備があります」などの発言を繰り返している。菅義偉政権の支持率が30%台に沈み、本来であれば政権交代が視野に入る状況だが、立民への支持率は頭打ちで、国民全体からの期待や信用は全くない。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら