kiji記事

【論説】節水の奇策、漏水の失策に終わる

※イメージ画像

 

ちょっとした賢い節約のつもりが、とんでもない失敗に終わることがある。

 

同居する父が一晩に何度もトイレに起きるので、1回あたりに流れるトイレの水量を減らしたいと考えた。「トイレの水 節約」で検索し、水を満たした瓶やペットボトルをトイレの貯水槽に入れることで、水量を減らせるとあったので、残り僅かなウイスキーの角瓶を空にし、満水にして1階のトイレ貯水槽に入れた。

 

ついでに自分が使用する2階のトイレにも同じ節約をしようと考えた。ところが空瓶がない。そこで、脱ビールの救世主として最近よく買う500mlの炭酸水のペットボトルを飲み切り、水を満たして貯水槽にイン。少量サイズなので節約できる水量は限定的だが、実験的に使ってみることにした。多少の節約になっている実感で安心し、2週間ほど経った先日。朝、起きてみるとトイレから水が流れ続ける音。

 

「ま…まさか」

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら