kiji記事

【論説】グローバルダイニングの主張は都民の声である

※ウイルスに対する考え方が述べられたグローバルダイニングのHP

 

和食店やイタリアンレストランなどを展開するグローバルダイニングが、東京都の意向に反対する姿勢を明確にしている。東京都は5月18日、酒類の提供を続ける飲食店33店舗に休業命令を出したが、うち23店舗が同社の運営施設だった。しかし、同社は通常営業を継続することを明らかにした。

 

都は「新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第3項」に基づき命令を発出。同社は「要請は任意に選択できるから従わない、命令は法的な義務だから従う」としてきたが今回、方針を転換した。

 

長谷川耕造社長は公式HPで、都は政府作成の緊急事態宣言の指標には達しておらず「緊急事態下ではない」とし、「予防的措置の状態で出た私権制限は許されません」と批判している。

 

同社は3月、コロナ特措法やこれに基づく時短営業の命令は「営業の自由の侵害にあたる」として、東京都を相手取り提訴している。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら