ken「筆は剣よりも危うし」

【筆は剣よりも危うし】 大楠公を仰ぐ 三澤浩一(武客)

 <大楠公>と仰がれている楠木正成公は延元元年(皇紀1996年/西暦1336年)5月25日、弟の正季卿をはじめとする楠木氏の一族郎党をひきいて、足利高氏(「尊氏」のこと)ひきいる賊軍と戦い、湊川で討ち死にした。5月25日は楠公祭である。今年は令和3年、皇紀でいえば2681年、西暦でいえば2021年だから、685年前のこととなる。

 

 5月25日、建武神社を参拝した。建武神社は東京都港区に鎮座する白金氷川神社の境内末社で、後醍醐天皇さまや大塔宮護良親王さま、そして大楠公はじめ二百余柱の吉野朝(「南朝」のこと)の忠臣をご祭神としてお祀りしている。東京メトロ南北線と都営三田線の「白金高輪」駅から徒歩5分ぐらいだから、交通の便は良い。多くの方々にお参りしてほしいと願っている。

 

 建武神社を参拝した後、皇居へ参り、大楠公のご尊像にご挨拶をした。都内にいても、大楠公にお会いできる聖地が2ヵ所もあることはありがたい。

 

 神戸には湊川神社が鎮座している。湊川神社から歩くと、たしか湊川公園という公園だったか、大楠公のご尊像が建立されているところがある。神戸も東京と同じく、大楠公にお会いできるから、大好きな街だ。

 

 東京では今年も、楠公祭が乃木神社で斎行された。、虎狼難(ころな)による緊急事態宣言のため、残念だが、昨年と同じく参列は関係者だけである。この大変なときだから、やむを得ない。楠公祭は、中村武彦先生が祭主を長らくつとめてきたが、現在は中村門下の犬塚博英先生が道統を守り、祭主をつとめている。ありがたいことだ。

 

 「身のために君を思ふは二心(ふたごころ)君のためには身をも思はじ」。この歌は、大楠公の遺詠といわれている。「我が身のため、自分自身のため、天皇さまを思う心(があるように見せかける)、忠義を尽くす(ふりをする)のは、薄汚い、邪な、裏切りの心なのだ。天皇さまのためならば、自分のことなんか一切考えないで、忠義を尽くすのだ」という意味になる。

 

 我が国史上の人物で「大」という尊称が冠となっている方は何人いるのだろうか。僕が知っているかぎりでは、大楠公の他には<大西郷>西郷隆盛先生だけである。「翁」「公」「先生」「烈士」という敬称をつけて呼ぶ方は何人もいる。しかし、「大」という冠をつけて呼ぶ方は、大楠公と大西郷しか知らない。

 

 大楠公は偉大すぎるため、語ると長くなるので、本稿では<七生滅賊>についてのみ述べる。まずは『太平記』で殉節のときを見たい。

 

 大楠公は、正季卿に問う。「そもそも最後の一念に依つて善悪の生を引くといへり。九界の間に何か御辺の願ひなる」とある。すると、正季卿はからからとうち笑い、「七生までただ同じ人間に生まれて、朝敵を滅ぼさやとこそ存じ候へ」と答えた。大楠公は非常に嬉しげな気色で「罪業深き悪念なれども、われもかやうに思ふなり。いざさらば同じく生を替へてこの本懐を達せん」と誓い合って、兄弟で刺し違えた。<七生滅賊>こそ、楠木一族の精神である。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら