kiji記事

【論説】ヒステリックな世論で五輪開催はデッドエンドへ

 

※イメージ画像

今の世論の流れを考えると、もはや東京五輪は中止の既定路線に入ってしまったと言える。主要な海外メディアが相次ぎ開催中止を訴え、国内世論も得意の「五輪か人命か」という二項対立に置き換えてしまった。

 

諸外国と日本ではインフラの整備状況がまるで異なる。五輪規模の大きな大会で来日した選手には、最大限のケアを払い、無用な感染を防ぎ、大きなトラブルを招くことなく終える動線確保や国民の秩序が、日本には行き渡っている。

 

海外メディアで中止を訴えるコラムニストの多くは、日本の特性を良く知りもせず、自国の状況をそのまま日本に置き換えて「こんな世界の状況であり得ない」と、悪い意味で「大所高所」から諫言しているような論調である。

 

実際に開催すれば、規模を縮小した2週間の大会は、ほとんど何のトラブルもなく、「大山鳴動して鼠一匹」の結果となり、「色々あったけど、やっぱり開催してよかった」という結果に落ち着くだろう。

 

がしかし、現状の国内外世論は、そんな強行開催を許さないレベルまで、ヒステリックな「人命、人命」の雨嵐となっている。こうなると、「為政者の横暴を許さない市民の団結」のような、間違った現状認識による民主主義の暴走が勢いづいてしまい、誰も止めることができない。

 

内閣官房参与の高橋洋一・嘉悦大教授が5月9日のツイッターで、100万人当たりの1日当たり感染者数の推移と共に「日本はこの程度の『さざ波』。これで五輪中止とかいうと笑笑」と記したところ、猛烈な批判報道がワイドショーや新聞記事に溢れた。高橋氏は1年前から同様のことを言い続けてきたのだが。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら