kiji記事

【論説】後塵、失敗、コスト…負けながらも勝ち続ける米国ロケット開発の歴史

逆噴射で着陸するオリジン者のロケット「ニューシェパード」の推進モジュール(同社YouTube動画より)

 

アマゾンの創業者ジェフ・ベゾス氏による民間宇宙開発企業「ブルーオリジン」が4月14日、テキサス州でロケットのテスト飛行を行い成功した。

 

高度100キロメートルの宇宙に到達後、ブースター部分の推進モジュールがカプセルから分離し、発射地点へとターンし、地表が近づくと逆噴射で速度を落とし無事に着陸した。一方、切り離されたカプセルもパラシュートで降下し、テキサス州西部の砂漠に帰還した。

 

逆噴射による機体の帰還は、テスラモーターCEOのイーロン・マスク氏が創設したスペースX社が、2018年2月にコア機体の同時帰還を成功させている。両社は宇宙事業をめぐり激しい主導権争いを繰り広げている。

 

昨年5月には、X社の宇宙船「クルードラゴン」が、国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングし、宇宙飛行士2人を送り届けることに成功。民間企業初の快挙で、NASA(米航空宇宙局)にも高い信頼を置かれている。宇宙飛行士の操縦デバイスはゲームコントローラーのようにシンプルで、民間企業ならではのデザイン性や操作性を備えている。

 

米国の宇宙開発の歴史は、コストとの闘いの歴史でもある。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら