kiji記事

【論説】誰も思いつかなかった「生ジョッキ缶」の発想

発売された「生ジョッキ缶」

 

この発想、なぜ今まで誰も思いつかなかったのだろうという商品だ。

 

アサヒビールが4月6日に全国のコンビニエンスストアで先行販売を開始した「スーパードライ」の新商品「生ジョッキ缶」があっという間に完売となり、出荷を一時停止したと8日に発表した。

 

缶のふたは上部がそっくりめくれる構造で、全開すると泡がモコモコわき上がり、通常の缶ビールというよりも生ビールのような泡立ちだ。このアイデアと泡の魅力であっという間に売り切れた。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら