kiji記事

【論説】欧州ビッグクラブの「クーデター」、猛反対で失敗へ

サッカーボールにスパイクを付けたようなコロナウイルス

 

欧州サッカーのビッグクラブ12チームが4月18日、新リーグ「欧州スーパーリーグ(ESL)」を創設し、8月から始動すると発表した。背景にコロナ禍の観戦試合減少で入場収益や広告収益がなくなり、各チームが財政難に陥っている事情がある。

 

この発表に世界中が大騒ぎとなった。UEFA(欧州サッカー連盟)やFIFA(国際サッカー連盟)だけでなく、ジョンソン英首相などの政財官界から、世界中のサポーターに至るまで、「クラブ経営者がサッカーを私物化する試みだ」として猛反発。UEFAは今季チャンピオンズリーグ(UCL)で4強入りしている3チーム=レアル・マドリード(西)、マンチェスター・シティー(英)、チェルシー(英)=の今季リーグ追放だけでなく、FIFAと共同で出場選手の代表入りを認めない方針まで示唆した。

 

ここまでの逆境を予想していなかったのか、わずか3日間で12クラブのうち英プレミアリーグ所属の6クラブ全てがESLからの脱退を表明。レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長と共にESL構想を主導してきたマンチェスター・ユナイテッドのエド・ウッドワードCEOに至っては、今季限りでの辞任を表明する事態となった。FCバルセロナやアトレティコ・マドリードも脱退の動きを見せ始め、レアルとペレス会長は四面楚歌に立たされようとしている。

 

欧州の各クラブは週末に行われる国内リーグのほか、UEFAが主催する平日開催(ほぼ水曜日)のUCLやヨーロッパリーグ(UEL)を月に1-2試合戦う。UCLやUELは前年の国内リーグで上位チームだけが出場でき、出場枠はUEFAカントリーランキング順にリーグごとに割り当てられている。参加数はUCLが32、UELが48チーム。UELはUCLに出場できなかった下位のクラブによる争いのため、その位置付けは微妙で、出場チームへの報酬も見劣りする。

 

UCLは本選出場給として、約20億円が32の各クラブに均等配分(計約630億円)される。出場給とは別に成績給も各段階で上乗せされていく。グループステージでの1勝は約3億5,000万円(引き分け1億1,600万円)、決勝トーナメント進出は約12億3,000万円、ベスト8、ベスト4と勝ち進むごとに報酬は上乗せされ、決勝進出で約19億3,500万円追加。優勝すれば、さらに約5億2,000万円が上乗せされる。2020-2021シーズンは現在4強に絞られ、上記の3クラブのほか、PSG(パリ・サンジェルマンFC)が勝ち残っている。

 

ESLは、このUCLに代わるリーグとして毎週水曜日に、ビッグクラブ同士の対戦が多くなるドル箱リーグとして収益を上げようと目論んでいる。当然ながら試合数もUCLより多くなる。UEFAは声明で「少数のクラブの私利私欲に基づいたプロジェクト」「ESLに参加するクラブは国内、欧州、世界の大会への出場が禁止され、所属選手は代表チームへの出場機会を失う可能性がある」と発表した。

 

一方、12クラブの台所事情も火の車で、例えばリオネル・メッシ擁するFCバルセロナは1,500億円(10億ポンド)超もの負債を抱え、破産状態に陥っている。高騰する移籍金が資産を食い潰し、他チームへの負債も払えない状態だったところにコロナ禍が到来。クラブ存続さえも危うい状態に陥っている。

 

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら