nihonkyousantou「日本共産党の実態」

【日本共産党の実態】  東京オリ・パラを、日本共産党や共産主義者の中止策動から守り、無事に開催しよう!  安東幹(共産主義研究家)

 日本共産党が、東京オリンピック・パラリンピックを中止にしようと策動を強めている。要警戒である。良識ある国民は、東京オリンピック・パラリンピックが無事に開催できるように、全力を尽くそう!

 

 日本共産党と、協力関係にあるスポーツ団体に、新日本スポーツ連盟という団体がある。イギリスでウォーキングを実施したり、日本全国でサッカー大会や卓球大会を開催したりしている。ウェッブサイトによると、2021年3月14日に臨海スポーツセンターで開催された第39回近畿ブロック大阪予選卓球大会には、60チーム、212名が参加した。その一方、東京の中野区卓球協議会のように、区市町村レベルでも大会が開催されている自治体がある。政治的活動も盛んで、「スポーツは平和とともに」のスローガンを掲げ、反核平和マラソンを実施したりしている。2021年1月8日には、新日本スポーツ連盟理事会は、昨年12月に成立した「改正スポーツ振興投票法」に反対を表明する文書を発表した。活発に政治活動を行っている。新日本スポーツ連盟の主催する行事では、日本共産党の党員勧誘、赤旗購読勧誘が公然と行われている。

 新日本スポーツ連盟は、2021年3月20日、「東京オリンピックは“開催ありき”の準備ではなく、国民の声に応えうる方針への再考を求める」との声明を発表し、東京オリンピック・パラリンピックの中止も考えるべきだと主張している。「菅義偉首相は『人類がウイルスに打ち勝った証として、東京大会の開催を実現する決意だ』(2021年1月18日施政方針演説)と自分が主催者であるかのような発言をしており」と、日本国民が正当な選挙で選んだ首相を、不当に攻撃している。

 新日本スポーツ連盟や、日本共産党活動家が、東京オリンピック・パラリンピックのボランティアや聖火リレーランナーに、ボイコットや取り下げを求めているのは明らかである。良識ある国民は、日本共産党の東京オリンピック・パラリンピックを中止に追い込む策動を打ち破り、東京オリンピック・パラリンピックを無事に開催しなければならない。

 そもそも、日本共産党は、オリンピック・パラリンピックに対して、特異な批判をしてきた。オリンピック・パラリンピック大会は、エリートスポーツ競技会であり、改善をされなければならないとするものである。

記事の続きは有料会員制サービスとなります。

会員の方でコンテンツが表示されない場合は会費のお支払いが完了していないか、有効期限をご確認ください。

新規会員登録される方、会費のお支払いをされる方は「入会のご案内」をご覧ください。

有料会員登録をする

やまと新聞は日本人による日本のための新聞社です。
会員には月額500円のwebと会員月額3,000円の正会員の2種類があります。

会員の方はこちら